合同会社設立登記申請の書式と手続き

合同会社設立登記申請の書式と手続き

ようこそ「合同会社設立登記申請の書式と手続き」のWEBサイトへ

「合同会社設立登記申請の書式と手続き」は、合同会社(LLC)設立登記に必要な登記申請書および決定書・就任承諾書・OCR用紙等の添付書類の記入例(雛形・書式・文例・テンプレート)のサンプル集です。

合同会社設立登記申請の書式と手続き 総合目次

合同会社(LLC)設立

合同会社(LLC)設立について

「合同会社(LLC)」
合同会社(LLC)は、出資者の責任は有限責任でありながらも、出資比率に基づかない自由な意思決定や利益分配ができる新しい会社の形態で、社員1名から設立できる会社です。社員(出資者)は株式会社の出資者と同じく、出資額の範囲までしか責任を負いません。また、定款自治が広く認められるという特徴があります。

「合同会社(LLC)定款の絶対的記載事項」
合同会社(LLC)定款の絶対的記載事項は、下記のとおりです。
 目的 商号(会社名) 本店の所在地 社員の氏名又は名称および住所
 社員全員が有限責任社員となる旨 社員の出資の目的及びその価格 
など

「公証人による定款の認証は不要」
合同会社(LLC)定款は、株式会社の定款と異なり、公証人による認証は不要です。

「合同会社(LLC)設立登記の登録免許税」
合同会社(LLC)設立登記の登録免許税は、下記のとおりです。
・本店所在地における登記 6万円
 (資本金の1000分の7 この金額が6万円に満たない場合は6万円)
・支店所在地における登記 9千円

「合同会社(LLC)の代表社員が法人の場合の添付書類について」
合同会社(LLC)の代表社員が法人の場合には、設立登記の際、下記書類の添付が必要になります。
・登記事項証明書
・職務執行者の選任に関する書面
・職務執行者の就任承諾書

「合同会社(LLC)の設立手続きの流れ」
合同会社(LLC)の設立手続きの流れは、下記のとおりです。
1.定款の作成
2.代表社員の選任(定款で代表社員を定めていない場合)
3.本店所在地の決定(定款で本店所在地を定めていない場合)
4.出資の履行(出資金の払込等)
5.設立登記